○Cストリングを使った股間処理

 

Shigekiさんからの紹介です。
Cストリング(Iバック)を使ったユニークで簡単な股間処理の方法です。

「私自ら考案して実践した股間対策を紹介して欲しくて メールさせて頂きました。
着脱は楽です、常に女装している人より パート女装、時々女装される方向きです」

Cストリング (C-String) 』とは、日本では「Iバック」という呼び名もある下着です。
(Wikipediaで紹介されていた画像)

C-string

ワイヤーのクリップ力で股間を挟み込むようにして固定するようになっています。
このCストリングを使って股間処理する方法です。


Cストリングは「オープンタイプ」のものをAmazonの通販で購入しました。

オープンタイプのCストリング

これと指用の筒状包帯。

指包帯

切って使えるタイプと指サックタイプがあります。

指サックタイプは先端を切り落として使います。
切るタイプは適当な長さ(5cm程度)に切って使います。

Cストリングと包帯

包帯をCストリングの尻尾に通します。

Cストリング準備

股間にCストリングを装着してペニスを包帯に通して股間に固定するします・・・(画像はフェルト生地で代用です)

ペニスを固定

ペニスをCストリングの尻尾に固定したら、尻尾を後ろに引き上げてお尻で挟み込んで固定します。
ぐっと引っ張り上げるとペニスは股の間に収まります。

この上からショーツやガードルをはけば、ズレたり外れたりせずに快適に女装股間を作れます。

 

○感想

メールで情報をもらった時はよくわからなかったのですが、実際にCストリングを購入してやってみたところ、意外と実用的!

Cストリングは固定力が弱くて、使っていても動くとズレたり、外れたとするということがあります。
やはりこの上からショーツやパンティストッキングを穿いて固定したほうがいいです。

でもトイレでは女の子のように座位でオシッコすることもできました。

いつもタックをするときはしっかり体内に固定するのですが、それに比べるとほぼワンタッチで装着可能。
固定が緩いので股間への負荷は軽くて長時間の着用でもつらくありません。

夜に装着して、小さなショーツをはいて寝てみました。
Cストリングは朝まで外れていなくて、ペニスはしっかり股の下に固定されていました。
伸縮包帯なので、ペニスの大きさの変化にも十分追従できるようです。

また、Cストリングはお尻で位置が固定されるので、小さなショーツの幅の狭いクロッチでも左右からペニスがこぼれることがありません。

何人かの人にこのやりかたを紹介して試してもらいました。

△ 「固定力が弱くて物足りない」
△ 「すぐに外れちゃいます・・・」
△ 「最初はいいけど、勃起するとダメだね」
△ 「オシッコはできるけど、大のほうできないよ」
--------------------
○ 「セットが簡単でイイですね」
○ 「Cストリングに興味あったので、これイイです!」
○ 「長時間の使用でも楽ですね、これ癖になりそうです」
○ 「Cストリングが尾てい骨を刺激して、また別の楽しみも増えました」

オープンタイプのCストリングですが、上記のメンバーがAmazonで買い占めてしまったのか「在庫なし」が増えてしまいました。
レースタイプのものを切り抜いて使うこともできますので、工夫して試してみてください。