○ドライオーガスム研究 オマケ :ミカさん 
タック、股間整形には必須です(2007,2,20)
研究その1
研究その2 オマケ
 Q&A

女性化乳房○オッパイが欲しい・・・

ここから先のレポートは股間整形とは離れてしまうので、単なるオマケとして読んでください。

乳首のオナニーにすっかりはまってから、どうしてもオッパイが欲しくなってしまいました。

そこで女性ホルモンを使うことにしました。
もちろん女性ホルモンに手を出すことのリスクは十分承知の上での話です。

女性ホルモンはネットで簡単に手に入ることは知っていましたが最初は医師に処方してもらうやり方をとりました。

定期的な血液検査と診察をしながら投与してもらい、満足できるオッパイができあがりました。

乳房3治療は最初は一般的な「プレマリン」という錠剤からはじめました。

ホルモン投与を受けて2ヶ月目くらいで乳首に違和感が出てきます。

意識しているせいか、かなり敏感になって、ちょっとした刺激もかなり感じることになります。

月に一度血液検査をしながらプレマリンの量を増やしてもらいました。

女性ホルモンは大量に摂取してもほとんど排出されてしまうので、意味がありません。
と、いうより体へのリスクが増大するだけで危険です。

わたしの場合は「オッパイが欲しい」ということだったのでプレマリンの投与は4ヶ月でおしまい。
そのあとは「プロセキソール」というホルモン剤に変更になりました。
先生からは「体が劇的に変わるよ」と言われました。

乳房2女性ホルモンの投与で体が変わり始める時期だったのかもしれませんが、確かにプロセキソールに変えてからオッパイが劇的に変化を始めました。

デジカメで写真を撮ってもたいした変化が確認できないのですが、自覚としては「乳房ができた」と実感できる変化です。

階段の上り下りなどで振動があると、自分の乳房が揺れるのがわかります。
それに乳首が無茶苦茶敏感になって、うっかりドアなどに胸をぶつけると痛さで思わずうなってしまうほど。

この時期はもうブラジャー無しだと普通の生活がちょっときつい感じでした。

色も形も地味なスポーツブラを買って着用して、会社ではスーツの上着を脱がないようにしていました。

この時期が一番自分のオッパイの変化を感じられた時期だと思います。

以前はブラジャーを着用するためにシリコン製の人工乳房なんかもいろい買って着用していました。乳房3

ブラの中の重たい乳房の感覚というのはそんなシリコンの塊でも十分体験できました。
ブラをつけて胸が揺れたり肩が凝る感覚なんかは人工乳房でも体感できました。
乳房の重さがブラの肩紐にかかって、肩が凝るような体験はできました。

でも、所詮は作り物でしかありません。
自分の本物のオッパイというのはまったく別の感覚です。

自前のオッパイはブラにかかる重さを実感できるほどの大きさではありませんが、それでも自分の胸に揺れる乳房があるというのは男では味わえない感覚です。

ホルモン投与をはじめて10ヶ月くらいするとオッパイ全体に脂肪がつき始めて丸みを帯びたおっぱいができてきました。

乳房4このころになると女性の乳房の形としてバージスラインも確認できて小さいながらも形は一人前の「オッパイ」です。

アンダーとトップを計るとその差が10cmあります。

カップのサイズとしてはAカップくらい。
Bカップだとブラに隙間ができてしまう程度の大きさです。

このくらいのサイズでも、オッパイがあるとワイヤー入りのブラをつけてもずり上がることはありません。

シリコンの人工乳房のころに持っていたブラは乳房に合わせてDカップとかEカップばかりだったので、小さなカップのブラを買いなおしました。

下着の専門店に行って、店員さんに事情を話してサイズを測ってもらって自分にぴったり合ったブラを買っています。

自分で計っていたときはトップとアンダーの差が5cmくらいで、カップサイズもAAだと思っていたのですが、専門の店員さんが計ると10cmはあることがわかりました。

温泉や銭湯などに行くと(もちろん男湯)、ちょっと(かなり……かな?)違和感があります。
周囲の視線はちょっと気になりますが、お相撲さんくらいの体格の人ならこれ以上のおっぱいを持っている人も多いのであまり隠すようなことはしていません。

あと、会社で裸になることはあまり無いのですが、問題は年に一度の身体検査。
でも問診の先生は特に何も言わずに聴診器を当ててくれています。

職場では周囲に不快感を与えてもいけないので外から目立つような派手なブラをするようなことはありません。
この程度は常識と分別です。

今は股間整形して女の子のかわいいデザインの下着をはいています。

ブラをずらして指で乳首を刺激して……浸りきってしまう女の子のオナニー。
これが自分が手に入れたかった世界です。

ホルモン投与は重大なリスクを伴う行為なので、安易に手を出さないようにしましょう。

(Q&Aもあります→)