○レポート:こまりさん (2003,7,6)

こんにちは。日ごろから女の子になりたいと思っているわたしにとって、このサイトはとても貴重な情報でいっぱいです。
わたしの体験レポートをお送りしますので参考になれば皆さんに紹介してください。

ここのサイトを見つけて最初にK.Mさんの接着剤整形のレポートを見たときにショックを受けました。
こんなきれいな女の子の股間が作れるなんて信じられませんでした。すぐに新宿の薬局で皮膚用の接着剤を買ってきて……。
でも、手がべとべとになるばかりでとてもレポートのようにペニスをしまうことができません。割れ目を作ろうと思って合わせ目にアロンアルファをつけたらガビガビになってしまってとんでもない失敗です。

この頃はまだ「タック」なんて知りませんでした。
もちろんテーピングなんかもやったことありませんでした。
女装関係の掲示板でそのことを相談したら「接着剤整形はテーピングの応用技」だということで、まずテーピングをちゃんとマスターしないと接着剤整形なんて無理だというお話をうかがいました。

そこでまずテーピングからやってみることにしました。でも、このテーピングもけっこう難しいものでした。
「タック」これが基本です。自分の睾丸を体の中に入れてペニスを後ろに折り曲げてたたむ。言葉で書くと簡単ですが、このコツがわかるまでにずいぶんかかりました。
タックをしてガードルでペニスを固定して一日を過ごすことから始めました。最初のうちはすぐに睾丸が降りてきちゃって「イタタタ…」なんてこともありました。
実際、きれいにタックしてガードルを穿いちゃえば、女の子のようなツルンとした股間に見えます。股間のふくらみはなくなってスパッツはいて外出しても大丈夫なくらいです。

タックをマスターしてから、次はテーピングに挑戦。
このテーピングの技術もいろいろあって掲示板では多くの貴重な情報を貰いました。
元女装研究所のメンバーだった方が主催しているサイトでは、ここでも掲載されている亜希子さんレポートをはじめ多くのバリエーションが紹介されていました。

こういうサイトは非公開のところがほとんどです。面白半分に一般の人に紹介されると嫌がらせや妨害などがあるということでメンバーからの紹介がないとアクセスできません。まじめに女装について情報交換をしている人たちにとっては当然の自衛策です。
だからヤフーなんかで検索しても見つからなかったんだ…ということもわかりました。(そういうことも知りませんでした)

テーピングは「小夜子さんバージョン」とか、「みっくんバージョン」とか旧女装研究所のメンバーのバリエーションは一通りやってみました。
その他のサイトで紹介されている方法もやってみました。
テープもビニールテープや粘着包帯、防水傷シート(プロテクターフィルム)など方法によって使うテープも違います。

わたしは女の子みたいに座ってオシッコが出来るということにあこがれていました。
そういう点では亜希子さんレポートで紹介されている方法は優れていると思います。何よりも簡単だし出来上がりもきれいで長時間やっていても大丈夫です。

座ってするオシッコに慣れるまでは戸惑うことも多くありました。亜希子さんバージョンだと尿道口を新しく作るので、オシッコがペニスの先から出ているという感じがしません。
股の間の別の器官からオシッコをしているという感じです。
尿道口を狭く作りすぎちゃうとオシッコの勢いがすごいことになっちゃいます。ほどほどの大きさに尿道口を調整するというのが亜希子さんバージョンのコツのようです。

小説「僕の変身」はとても参考になりました。掲示板で知り合った方が全編を保存してあったので読ませてもらいました。紹介されているテーピングの技術だけでなく女の子にひたすらあこがれる主人公に自分に重なる部分を感じます。
わたしがテーピングして最初にオシッコをした時はまさにあの小説のまんまでした。手鏡持ってトイレに座って、自分のオシッコに見入ってしまいました。(笑)

シリコン乳房股間の話ではありませんが、シリコンのバストフォームを接着固定することもあの小説で覚えました。
ネットで、リアルなバストフォームを購入したので女装したときには胸に接着固定するようにしています。
このバストフォームですが、ただのシリコンの塊ではなくて、中に生理食塩水が封入されています。女性が豊胸整形のときに乳房に食塩水の入ったパックを入れるのと同じです。
中に入っている食塩水が体温まで温まるのに時間がかかりますが、温まってからは体の一部と変わらない感覚になります。
中が液体のせいで重量感があって体の動きに合わせてゆっさゆっさと揺れるので本物の乳房が付いている感じです。

このバストフォームは乳首の造形がとてもリアルで、つけている自分でもブラジャーの中に手を入れてこの乳首をついついいじってしまいます。
質感、形状とも本物と変わりないので服の上からだと触られても作り物だとまずばれることはありません。
このフォームを付けてレオタードや競泳水着をきると女の子の体になったことが実感できます。

股間の接着剤整形は掲示板メンバーに誘われて行った温泉ツアーで覚えました。以前はK.Mさんが主催していたそうですが、他のメンバーが引き継いで時々企画しているそうです。
このときの温泉ツアーは女装者4名と女性2名。この温泉宿は貸切でした、こういう企画に理解のある旅館だそうです。
メンバーに女性を入れるのは出来上がりをチェックするということです。もちろん同泊しても男性側のペニスは接着しちゃうので彼女たちとレズ行為は可能ですが性交は出来ません。

ベテランメンバーに手伝ってもらって接着作業開始。以前自己流で接着剤を買ってきて失敗したときとは手順も手際もまったく違いました。わたし自身がテーピングでタックなどに慣れていたせいもあって驚くほどきれいな股間が出来上がりました。

接着剤整形がテーピングの応用技だといわれたことがよくわかりました。
テーピングをマスターしていれば接着剤整形は難しい技術じゃありません。

ちなみにこのツアーで撮ってもらったわたしの股間です。

まっすぐできれいな土手が出来ました。
しゃがんで後ろから見るとペニスの先っぽが出てきます。

股間を触られるとテープなどの異物がないので直接割れ目を触られているのがわかります。やっぱりナマは気持ちイイです。

全員の股間が女の子と同じなってから女性メンバーも一緒に混浴パーティ。
お互いの割れ目を見せ合って楽しみました。接着剤で胸に固定してあるわたしのバストフォームはみんなのおもちゃのように扱われてしまいました。「わたしのより大きい」とか「乳首が立ってる」とか言われながら女性におっぱいをいじられるのは初めての体験でした。

女性にバストや割れ目を触られて、心配だったのは勃起しちゃうことでした。
でもタックをマスターしている方はわかると思いますが、きれいにタックしてあると性的興奮をしてもなかなか勃起しません。ペニスの根元が折り曲げられているせいで海綿体に血液が行かないのでしょうか。
この日のレズ行為はお風呂の中だけでなく布団の中でも繰り広げられましたが性的にいくら興奮しても、たたんでいるペニスがフルサイズになったり射精することはありませんでした(ちょっと硬くはなるけど)。これはちょっと驚きです。
射精はしませんでしたが何度も行っちゃいました(恥)。行った…と思った後の余韻がずーっと続いて、また次の山が来る、こういう快感は射精で味わう男の快感とはまったく違うものです。また違う世界の扉を開いてしまいました(笑)。

長文のレポートになってしまいましたが、わたしの体験が皆さんの参考になればいいと思います。
ありがとうございました。(こまり)