Sample Site

Bonding接着剤を使った股間整形

Report by K.M

接着剤を使った股間整形:補足

○接着剤を使った股間整形:ダーマボンド

wiced接着剤を使った股間整形。以前は医療用のアロンアルファAが一般に使われていましたが、法律が変わって購入に医師の処方箋が必要になってしまいました。そのため今は「ダーマボンド」が主流になっています。
接着剤として比べるとアロンアルファよりも作業性はダーマボンドの方がいいようです。

*この製品は医療用接着剤なので人体に使用することを目的にしていますが、利用については各自の判断と自己責任の上で慎重に行ってください。

ダーマボンド
現在手に入るダーマボンドは従来製品よりもよりも粘性が高くなっています(粘性6倍!)。従来のダーマボンドは3回塗りで実用強度でしたが、この製品は2回塗りで大丈夫です。

ダーマボンド
ダーマボンド
ProPen(0.5ml)
ダーマボンド(0.5ml)
ダーマボンド
ProPenXL(0.75ml)

ダーマボンド

ダーマボンド
ダーマボンド
0.5mlの製品。ペン型のアプリケータなので使いやすくなっています。 0.5mlの製品。すでにペン型ホルダーを持っているなら、これを買った方がいいかもしれません。 0.75mlの徳用サイズ。
このサイズで3回の整形に使用できます。

【ダーマボンドの塗り方】

 

接着する皮膚を寄せて合わせたところに接着剤を塗ります。表面が少し乾いたら、重ね塗り。
そのまま固定すると3分程度で実用強度になります。
2回で固定できますが、3回塗りするとより強固になります。

事前に剃毛と脱脂をしっかりしておくときれいに整形できます。失敗する多くの方がこのあたりに原因があるようです。

ダーマフレックス(皮膚用接着剤)

縫合針やステープルを使用せずに閉創できる。皮膚表面接着剤です。接着剤接合に伴う発熱が抑えられています。
深く長い創傷に対して縫合糸と組み合わせて使用することで接合強度や防水及び微生物の進入を防ぐことが可能です。
約60秒という短い時間で接合するため手術時間の短縮ができます。

Chemence Medical ダーマフレックス

今のところ、いちばんお勧めできる皮膚用接着剤になります。
Amazonで購入可能ですが、医療用なので過去の例からすると規制がかかってしまう可能性もあります。

 
 
   

Sample Site